2019.01.02

2019あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

2017年7月に異動になってから、すっかりサンデードライバーが板についております。
サンデードライバーになって思うのは

"意外とクルマなしでもなんとかなるものだ"

ということでした。
公共交通機関は、もちろん自由度は低いし大きな買い物もしにくいですが、駐車場探しに翻弄しなくてよいし楽しくない渋滞の運転がないのがよいところです。
もう一つ、歩かざるを得ないところが健康のためにもよいのかも。
「田舎のひとより都会のひとのほうがよく歩く」といわれるのも、まんざらではなさそうです。

2018年はHPを一度も更新しないという初めての年でした。
いまさらパーツインプレもないですが、乗らない→壊れないという悪(良?)循環が一番の理由でしょうか。
もちろんクルマから離れざるを得ない状況が、クルマへの関心を薄れさせてしまっている点も大きいですが。

自分の周りを見ても、クルマに興味のあるひとは格段に減ってきました。
街を歩いていても、それらしいクルマも減ってきました。
たまにいい音を奏でるDC2などみると「頑張ってるな~」と応援したくなるような気にさえなってしまいます。
少し引いて眺めてみると、自分だけではなく社会がそういう方向であり、それはもっと加速していくのでしょう。
ホントにそうなる前に、NDロードスターでも買おうかな!と思ってますが(笑)。

毎年1月はinline4.netドメインの更新月なのですが、当面このまま残しておこうと思います。
まだ同世代のクルマも走っていますし、少しでも情報が必要なひとに役立てれば幸いです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018.09.12

サンデードライバーになったら

だんだんと更新間隔が開いてきて、気が付くと約8ヶ月が経過してしまいました。
サンデードライバーになってはや1年、車から離れた生活が続いております。

CL7も14年が経過し、概ね好調ではありますが
・前進~後退の際に「カキン」とブレーキから音が出る
・発進または停止時に「コクッ」という振動を感じることがある
という些細な不具合が生じています。
前者はよくある「キャリパー内でのパッドの遊び」ですが、後者はちょっと原因不明。
ちょうど12ヶ月点検の時期ですので、この2点とオイル交換をお願いして点検に出してみました。

いつものサービス氏に伝えると、リテーナーの細工と点検をしてみましょうとのこと。
結果、リテーナーに細工をすることで「カキン」は改善しました(リテーナーをちょっと曲げて、パッドにテンションが掛かるようにする)。
「コクッ」のほうは、ステアリングボックスやその周辺を点検、ステアリングシャフトのジョイント締め直しなどをやってもらいましたが、多少改善したかな?という程度。
どうも駆動系か操舵系の高額パーツのような気もしますので、しばらく様子見です。

そしてオイル交換。
前回の交換から1年経過してしまいましたが、距離のインターバルはなんと・・・
たったの4000kmでした。
免許を取って、クルマを所有するようになってから、年間4000kmなんて初めてのことです。
シビックのころは年間25000kmでしたから(それはそれで、どこを走ってたんだという気もしますが)、私も立派な(?)サンデードライバーだなあと思わずにはいられません。

とは言え、たまに乗るCL7は、やはり楽しい。
今回、代車で現行オデッセイ・ハイブリッドを借りたのですが、乗り換えるとCL7の超アナログぶりがまた楽しく感じます。

あまりにもデジタルな車には、もはや楽しさを感じられなくなりました。
仮に乗り換えるにしてもパワーも重要ではないし、気持ちよく運転できるロードスターのような車がいいかなあ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.01.27

サンデードライバーになると

HPもブログもすっかり放置気味で、気づいたら年が変わってしまいました。

前回のブログから4ヶ月ですが、サンデードライバーぶりがますます加速しております。
これまでは「どこにいくにもクルマ!」だったのが「まあ公共交通機関でいいか」となり、CL7は「週一お買いもの車」となってしまってます。

こんなに車に乗らなくなったのは、免許を取ってからはじめてかもしれません。
以前も車通勤できなくなったときは、暇を見つけては運転するようにしていましたので。

しかし。
それでも時々運転すると、やっぱ楽しいな、と思います。
稀に乗る会社のAT車より、左足を使う面倒さなんか気にならず、よっぽど楽しい。

CL7もいまのところ好調で、差し迫って必要な整備もないので、まだまだ大事に乗ろうと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.25

サンデードライバーになる

7月1日付の異動により、通勤が約10年ぶりに公共交通機関になってしまいました。
職場でもクルマを運転することはほとんどなく・・・すなわち、私もサンデードライバーの仲間入りをしてしまいました!
寂しい気持ちの反面、週末に運転するのがとても楽しみになったのは思わぬ効果?なのかもしれません。
また乗る機会が減ったせいでクルマが汚れなくなったのも思わぬ効果?かも・・・。

さて、CL7のほうはちょくちょくメンテナンスをしています。

少し前になりますが、ミラーを新品に交換。
CLアコードは親水ミラーとなっていますが、親水効果はあまり長続きはせず、これまでずっとだましだまし使っていましたが思い切って交換(結構高いのです・・・)。
交換後は親水効果もさることながら、とてもクリアで見え易くなり大満足です。
というか、もっと早く交換すればよかったかも。
写真は取付前に手跡をつけないよう、ラップを貼りつけているところです。
Img_5052

次はフロントのスタビライザーリンクの交換です。
およそ14万キロ走行していることもあり、リンクのジョイント部分がかなり緩くなっているため交換です。
モノは社外品で、ちょうどよくシャフトがショートになって車高ダウンにはちょうどよさそうです。
交換後は若干違いがありますが、乗り心地に少し影響が出ているかも・・・。
Img_5202

さらに、真夏にエアコンが不調になったため、リレーを交換しました。
症状はエアコンONにもかかわらず冷風が出ないというもので、ボンネットを開けて点検するとマグネットクラッチが作動していませんでした。その際にコンデンサーファンは回っていたため、リレーの不良と判断し交換、交換後は快調になりました。
他にも同品番のリレーが用いられていたため(コンデンサーファンとラジエータファン)、予防的にこれらもまとめて交換です。
Img_5236

最後は車検後なのにブレーキから異音(車庫入れなどで前進してブレーキ、後退してブレーキを踏んだときのように向きが反転したときに「カキン」と音が出る)ため、キャリパー、リテーナー、パッドを洗浄してブレーキグリスを塗り直しました。
おかげで異音はすっかり出なくなり快適になりましたが、車検のときにきっちりやってほしかったなあ、と思ってみたり。
たまたま忙しそうなときに出してしまったのがよくなかったのかもしれませんが、こういうところはきっちりやってほしいなあと思う次第です。
Img_5238

写真はありませんが、エンジンオイル&エレメント交換もやりました。
距離が延びないので忘れてかけていましたが、気が付けば8ヶ月たってしまっており慌てて交換です。
スイフトを手放し1台になり、さらにこのペースだとペール缶で購入するのもどうかなあ、と思い始めてます。
心配するほど劣化しない、というオイルメーカーの話でしたが、使い切るまでに2年かかるようではさすがに長すぎるような気もします。

そんなこんなで更新は相変わらず遅いですが、ぼちぼちやっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.07

今度の代車は・・・

私のCL7は平成16年9月登録、13年が経過してこの度6回目の車検に出してきました。

ディーラーに車検に出したときは、その代車が少し楽しみだったりします。
今回用意されていたのは、これ。

Img_5194

MC前ではありますが、昨年登録されたばかりのフィットHVでした。

CL7を預けてフィットに乗り込み、スタートボタンを押したもののHVなのでエンジンは掛からず。
なんだか気持ち悪いよなあと思いながら走り出そうとしたものの、Pレンジの解除方法がわからず恥ずかしい思いをしてしまいました(汗)。

ディーラーを出てすぐにトリップを0にして、いろいろ試しながら家に帰りましたが、なかなかよく出来ているクルマだなあとちょっと感心。

よい点としては
・ 静粛性が高い
・ ECOモードでもそれなりには走る
・ ボディがしっかりしている
・ ハンドリングは好印象、乗り心地も悪くない
・ 室内空間がゆったり
などなど。

気になる点は
・ 出だしはもっさり感がある
・ そおっと走ろうとしてもギクシャクしがち
・ やはりブレーキは難しい
などでした。

燃費は、常時ACを入れたままで高速走行を含めた約150km走行で、21.8km/hとなりました。
とりあえず、クルマに趣味性を求めない人にとっては、かなりよいのではないかと思います。

クルマに趣味性を求める一部の人にとっては物足らないでしょうが・・・。
その点では(10km程度しか運転していませんが)現行デミオのほうが楽しいクルマかもしれません。
ただしデミオは後席の居住性などを考えると、ファミリー層には少し厳しいかな?

高速走行では、普段使うことのないオートクルーズも使ってみましたが、慣れないため右足の置き場に困ってしまいます。
途中でけいけいに運転を変わりましたが、けいけいは

 「これは、人間をダメにする!」

と叫んでおりました(笑)。
MC後のオートクルーズは前車に追従するようになったそうですから、ますます運転で「やること」が少なくなってしまいますね。
長距離トラックならともかく、乗用車でこんなに運転が楽になっていいのかなあ、と考えさせられてしまいます。
とはいえ全体的にはよくできたクルマであることは間違いなく、やはり新しいクルマはいいなあ・・・としみじみと感じてしまいました。


そして車検も終わり、再びCL7へ。
今回は特にやることもなく、ブレーキ&クラッチフルードとMTオイルの交換だけという、ほぼ最低限の内容でした。

 キーを回し、エンジンを始動。
 クラッチを踏んで、チェンジを1速へ。
 クラッチを繋ぎ、発進して2速、3速・・・
 MTオイル交換のおかげで、シフトフィーリングの向上が感じ取れます。
 右足とエンジンは直結、早めにシフトするのも引っ張るのも自由自在。
 ブレーキも踏んだだけ効き、思った通りの減速Gが得られます。

代車のあとのCL7は、これまで何度も何度も繰り返してきた動作がとても新鮮で、私にとっては

 「やはり、こっちがいい!」

と思い知らされてしまいました。

新しいものへのアレルギーなのかと問われると考えてしまうところもありますが、やはり私には古典的なMT車が性に合っているようです。

技術の進化を感じることができ、その上で昔ながらのよさを再確認させてくれる意味でも、代車はいつも楽しみなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.25

気づけば16年、そして・・・

ここしばらくの間、みんカラに追い付くべくせっせとパチパチしておりますが、なかなかWebサイトの方は疲れます(汗)
その点はやはりみんカラは楽だなあと思いますが、やはりあちらは別館。
本命はこちらですので内容もより深く、あちらでは書けない(書いてない)ことも書いていこうと思っています。

そんな中、気が付けば6/23でサイトを開設してから16年が経過していました。
当時は全盛だった(かな?)CL1は既に手元になく、EG4もなく、NB8CとZC11Sについては書いていないですがこれらもなく、我が家に残ったのはCL7のみとなりました。
そのCL7ももうすぐ13年ですから立派な旧車?・・・しかし排ガス規制の緩かった時代の貴重なエンジンは、これからも大事にしていきたいと思っています。

いろいろ思い出していると、サイトを開設してしばらくはいろいろとPCにも凝っていたような気がします。
ネットワークを勉強したり、ドメインを取得したり、自宅でサーバーを立ててみたり(@niftyの容量が少なかったので本気で一部を自宅サーバーに移転することを考えていました)、けいけいと2人なのにPCが4~5台あったときもあり、当時は情報システムに所属していたこともありますが、趣味と実益を兼ねたようなことをしていたなーと思います。

その後、現場に近い部署に異動になり、相手をするのは人や車に変わりました。
もうすっかり「そっちのひと」になりきっていましたが・・・

先日、7/1付でまたしても情報システムへ異動となる内示を受けました!

心境としては

「ぎゃあ~~~~~~っ!」

ってところで、特に変化の速い業界に、11年ぶりに戻して何をしろというのでしょう・・・。
もちろん前は担当者、今回は管理者という違いはありますが、それにしても「何で自分が?」という疑問は拭えません。

サラリーマンなので仕方ないとはいえ、ちょっと憂鬱な日々を過ごしております(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.08

スイフトとお別れ

我が家のセカンドカー、ZC11Sスイフトとお別れしました。
NBロードスターの後のけいけい通勤車として活躍してくれましたが、昨年からけいけいの通勤先が変わって不要になったことと、隣の部署が増員により社用車を探していたことから、会社に売却という珍しい形になりました。
1.3LのMTですので決してよく走る車ではありませんが、乗りやすく取り回しもいいのでそれなりに重宝しておりましたが…これからもいつでも運転できるので、まあいいか、といったところです。

いまどき珍しいMT車ということで社内でも妙に好評なのですが、本日隣の部署の若者たちが坂道発進の練習をしているのを見かけました。
しかしそれがまた困ったほど「上手ではなく」、平地での発進すらままならないのに、4名乗車・かなりの急勾配・さらにはエアコンONのまま悪戦苦闘しておりました。
いまどきなのでMT車がうまく運転できない子が多いのはよくわかっているつもりでしたが、あまりの腕前にかなり呆れてしまうとともに、スイフト君のクラッチが猛烈に心配になってしまいました。

「坂道発進なんでまだまだ先!まずは平地で普通に運転できるよう練習しなさい!」
と軽く説教して少し教えてあげましたが、あとでその部署の上司にコッソリ話をすると
『教習車として買ったんじゃないわー!』
と激怒しておりました(しーらなーい^^;)

嘆かわしいですが、これも世の流れ・・・しかし昨年EU視察にいったときはベンツでもBMWでもほとんどMTでしたから、日本はある意味進んでいながらドライバーの技量としては退化する一方なのかもしれません。

そんな状況ですからMTの面白い車なんてそうそう発売されるものではないですね。
唯一気になるのはNDロードスターRFなのですが、これはちょっと高すぎる!
というわけで、しばらくCL7から離れられそうにありません。

CL7はタイヤをPS4に交換し、GWにはピカピカに磨き上げたのでまだまだ見劣りしません。
ただ、もうサーキットを走ることはないのでアラゴスタも売却してしまいました。
排気系も純正で満足していますし、足回りもエナペタルE-12とTEINハイテクのしなやかな組み合わせが気に入っています。

13年間でハードな仕様から純正近くに戻ってくるなんて、やはり歳を取ってしまったのでしょうか(汗)。
うーむ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.01.05

2017あけましておめでとうございます

今日は仕事始めの1/5ですが、あらためてあけましておめでとうございます。

昨秋、EU海外視察から戻ってきた後に親が脳梗塞で入院し、今は退院しましたがそんなこんなで車とは遠ざかった生活をしておりました。
洗車も当分やっていないし、車いじりは何もやってない状態、年末にオイル交換した程度です。

しかし周りに脳疾患に罹った人が非常に多い。
幸いにも早期発見でほとんど後遺症もなく退院できた人もいれば、今も重度の麻痺で生活がままならない人もいます。
親の見舞いに病院に行くと、行くたびに救急車を見ない日はないくらい。多い日はほんの数十分の間に2台も救急車で運ばれてきた人を見かけました。
それだけ頻発する病気ということでしょうが、歳を取ってくるにつれ気を付けないといけないなあと思う次第です。
で、さっそくMRIを撮ってもらいましたが「現在のところはまったく問題なし。ただし賞味期限は4~5年です」とのことでした。
とにかく早期発見が最重要なので、怪しいと感じたらただちに病院へ。

さて、車ネタはあまりないのですが、元旦に友人がふらっと寄ってくれました。
F80のBMW M3で、購入したのは1年くらい前になりますが乗せてもらったのは初めてでした。

Cq5dam_resized_img_585_low_time1447

ありあまるパワーもすごいのですが、まさにオンザレールのハンドリングには本当にびっくり!
一般道ではその片鱗を味わうことはできそうにありません。

少しだけ運転させてもらいましたが、全幅1875mmを感じさせない、コンパクトさを感じます。
もっともリアフェンダーの張り出しでだいぶ幅を稼いでいるそうで、ミラーにもフェンダーが出っ張って見えてしまいます。
Cq5dam_resized_img_585_low_time14_2

足回りが交換されているので完全な純正状態ではありませんが、箱の頑丈さ、ボディ剛性をこれほど実感したのは初めてかもしれません。
直6なのにノーズの入りは非常によく、431ps/7300rpm・56.1kgm/1850-5500rpmのエンジンは速すぎて全開にできるのは一瞬、ぶっといPilot Super Sportsは鳴かせることも不可能でした。
もちろん他人の車(しかもとても高価!)ということもありますが、自分の車だったとしてもちょっと厳しいかなあ…。

いろいろと異次元な車で、とても貴重な体験でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.12.08

ついに無限EXマニを・・・

吸排気3点セットを揃えていたCL7の無限パーツのうち、マフラーを手放し、ついにはEXマニも売却することにしました。
オークション出品前に検品していると残念なことに#4パイプに僅かなクラックを発見、その箇所の修理が必要ですが、その他は(私が検品した限りでは)問題ありません。
12/10終了のヤフオクですので、気になるかたはぜひご覧ください。

取り外して掃除などしていると、なんだかもったいないという気が起こってきます。
あらためて細部をじっくり観察すると、やはり無限製品はマフラーもEXマニも作りがとても綺麗なんですよね。
結局これを装着してから一度もサーキット走行をしなかったという、それこそもったいない状態になってしまいましたが、次に手にする方にはガンガン使ってもらいたいなあと思っています。

参考までに、この無限EXマニはスポーツ触媒付ですが、EXマニ部分のみ使用して純正触媒を組み合わせることもでき、その状態だと低中回転域では扱いやすくなります。
反面、高回転域まで回したときは若干抜けの悪さを感じることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.10

日本に戻ってきました

12日間の旅を終え、無事に日本に戻ってきました。
なかなかハードな行程で
9/21 羽田→ミュンヘン→ベルリン
9/22 ベルリン→プラハ
9/23 プラハ
9/24 プラハ→ウィーン
9/25 ウィーン
9/26 ウィーン→ミラノ
9/27 ミラノ→ヴェネチア→ミラノ
9/28 ミラノ→ベルン
9/29 ベルン→ユングフラウ→ベルン
9/30 ベルン→ジュネーブ→パリ
10/1 パリ→羽田
10/2 羽田→広島
という忙しい旅でした。

初ヨーロッパの私としては何もかもが新鮮でしたが、何よりもあちらは「歴史的建造物」がたくさんあることが一番の感想でしょうか。
地震がないことが1つの理由だそうですが、当たり前のように残っているのはやはりすごいと感じました。


(プラハ、モルダウ川から見るプラハ城)
Img_3792_2

(プラハ、博物館に展示してあるスピットファイア。右翼の横にあるのはV2ロケットの抜け殻)
Img_3671

(ウィーン、シェーンブルン城)
Img_3897

(ミラノ、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂)
Img_3974

(ヴェネチア、ドゥカーレ宮殿)
Img_4063

(ベルン、国会議事堂)
Img_4168

(ユングフラウ)
Img_4298

(パリ、ヴェルサイユ宮殿)
Img_4573


あちらでも日本車をしばしば見かけましたが、もっとも多かったのはプリウスタクシーだったでしょうか。
ホンダではS2000とかDC2インテRとかレアなのも見かけましたが、多かったのはシビックでした。
ジュークやスイフトなども比較的多かったですが、マツダも結構いました。
最近のマツダ車はヨーロッパの街並みにとてもマッチしていて、日本で見かけるよりカッコよく見えたかもしれません。

向こうの食事はどれもそれなりにおいしかったのですが、毎日のようにウインナーとチーズだとさすがに辛くなり、途中の日本食が非常においしく感じました。
日本に戻って最初に食べたのはラーメンでしたが、ただのラーメンがなんとおいしいことか…。

片道11時間半のフライトが非常に苦痛でしたが(飛行機は嫌いではないのですが、ちょっと長すぎ…)、とても楽しい旅行となりました。
個人的にはオーストリア、スイスがよかったかな。
機会があればもう一度行きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«EUにいってきます