« 2018年1月 | トップページ | 2019年1月 »

2018.09.12

サンデードライバーになったら

だんだんと更新間隔が開いてきて、気が付くと約8ヶ月が経過してしまいました。
サンデードライバーになってはや1年、車から離れた生活が続いております。

CL7も14年が経過し、概ね好調ではありますが
・前進~後退の際に「カキン」とブレーキから音が出る
・発進または停止時に「コクッ」という振動を感じることがある
という些細な不具合が生じています。
前者はよくある「キャリパー内でのパッドの遊び」ですが、後者はちょっと原因不明。
ちょうど12ヶ月点検の時期ですので、この2点とオイル交換をお願いして点検に出してみました。

いつものサービス氏に伝えると、リテーナーの細工と点検をしてみましょうとのこと。
結果、リテーナーに細工をすることで「カキン」は改善しました(リテーナーをちょっと曲げて、パッドにテンションが掛かるようにする)。
「コクッ」のほうは、ステアリングボックスやその周辺を点検、ステアリングシャフトのジョイント締め直しなどをやってもらいましたが、多少改善したかな?という程度。
どうも駆動系か操舵系の高額パーツのような気もしますので、しばらく様子見です。

そしてオイル交換。
前回の交換から1年経過してしまいましたが、距離のインターバルはなんと・・・
たったの4000kmでした。
免許を取って、クルマを所有するようになってから、年間4000kmなんて初めてのことです。
シビックのころは年間25000kmでしたから(それはそれで、どこを走ってたんだという気もしますが)、私も立派な(?)サンデードライバーだなあと思わずにはいられません。

とは言え、たまに乗るCL7は、やはり楽しい。
今回、代車で現行オデッセイ・ハイブリッドを借りたのですが、乗り換えるとCL7の超アナログぶりがまた楽しく感じます。

あまりにもデジタルな車には、もはや楽しさを感じられなくなりました。
仮に乗り換えるにしてもパワーも重要ではないし、気持ちよく運転できるロードスターのような車がいいかなあ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2019年1月 »