« 2019年1月 | トップページ

2019.08.27

7回目の車検

我が家のCL7は2004年式、今年は2019年・・・ということで、7回目の車検を受けてきました。

走行距離は152,000kmですが、ここ最近の年間走行距離は約4,000kmですので、ある一点以外の不具合もなく車検関連作業はブレーキフルードの交換のみでした。

エンジンオイルも1年前に交換してから未交換ですが、最近ディーラーでのオイル交換も高い(昔はMILDなら工賃込みの2,000円だったのですが)ので車検前に自分で交換。ホームセンターでそこそこのオイルを探し求め、珍しくカストロールにしてみました(特に嫌いなわけではないのですが、これまでなぜかカストロールを選んだことはほとんどありません。なぜだろう?)。

Img_6051

昔でいうXF-08に相当する部分合成油で、粘度は5W-30と5W-40がありましたが経年を考えて5W-40をチョイス。4L缶×2で約5,000円でした。

使用量が4.2L(エレメント交換時4.7L)なので、もう1缶買い足してまた次回・・・とやっていると相当先まで使えそうです(笑)。

なおオイルメーカーさんによると、エンジンオイルは屋内できちんと密閉保管していれば、そう簡単には劣化しないとのことです。

 

さて、前々回のエントリにも書いたことが今回解消すべき不具合です。

内容は

・ 発進または停止時に「コクッ」という振動を感じることがある

というものでしたが、最近はますます悪化して

・ 発進または停止時に「コクッ」という振動を必ず感じる

・ 停止状態でステアリングを振ると「カクカク」する

ようになりました。

冬の間は症状がおさまっていたのですが暖かくなってくると再発し、上記のようにますます悪化を感じるようになっていました。

タイロッドエンドを調べてみましたが、特に問題はない模様。

そこでラックエンドを疑ってタイロッドエンドをナックルから分離してみたところ、ガタガタではないもののかなり緩くなってしまっており、少しグリグリと動かしてから装着して試走するとアタリが変わったのでしょう、改善が見られたことからこいつが犯人だと判断しました(ブログの仕様変更で画像クリックで拡大します。パーツリストの2番の部品です)。

Img_6052

事前に部品注文を済ませておき、車検時に交換をお願いします。

自分でやってできない作業ではなさそうでしたが、最近はそんな元気もなくなってきたのでベテランサービス氏におまかせです・・・。

 

ということでいきなりですが、交換したラックエンドとブーツとバンド。実はブーツにほとんど痛みはなく、無駄な出費でした(汗)。

最近のブーツは本当に丈夫で、15年150,000kmでも全く問題ありませんでした。

ラックエンド本体は少し錆が出ているかな?という程度で、外した状態だとそこまで悪いように見えません。

Img_6053

しかしそこはベテランサービス氏。

「ラックエンドも悪いと言えば悪いのですが、決定的かどうか判断できなかったため、ラックガイドの調整をしておきました」

とのこと。ラックガイドの調整とはあまり聞きなれない言葉ですが、

「ラックとピニオンのクリアランスの調整」

と言ったところでしょうか。部品の構成はこんな感じとなっており、

Img_6057

調整作業は以下の通り行うようです。

Img_6058

ラックガイドスクリューの先にはスプリングが入っており、適度なテンションを掛けることでクリアランスを適正にしておいてロックナットで固定する、という作業です。

私のCL7は、この「適度なテンション」を掛けるまでに、そこそこ締めこむ状態になっていたとのことでした。

 

引き取ってからの帰り道、不具合はすっかり解消されており、とても快適に(元通りになっただけですが)なりました。

ラックエンドの交換とラックガイドの調整、どちらが効果的だったかわかりませんが同様の症状がある方は疑ってみてもいいかもしれません。

 

(おまけ)

いつも楽しみな代車は、これでした。

Lzjs1064

まだ1,200kmしか走行していないヴェゼルです。

毎回代車に乗るたびに「カルチャーショック」を受け続けておりますが、今回もひとしおでした。

エンジンは、ノンターボ1.5Lながら十分なトルクでCVTとのマッチングもいいな、と感じました。

足回りは、荷重が掛かっていなくてもトレース性が高く(ちょっと曖昧な表現ですが)、山道ではフワフワでもなくいい感じです。

ただし、新車でまだ固めなのか上下の揺れはけっこう感じられます。突き上げ感はないのですが小刻みに揺すられるような感じです。

トンネルの中を走っていると、壁を照らすヘッドライトの光束が小刻みに揺れている、といえばわかりやすいでしょうか。

このあたりはエナペタルE-12+テインH.TECHのCL7の方がよかったりもします。

 

むむむ・・・と感じるのが、電動のパーキングブレーキ、追従するオートクルーズ、レーンキープアシストあたりでしょうか。

特にレーンキープアシストは、便利で快適なのかもしれませんが、私にはちょっと合わないなあと思いました。

「切り」「戻し」がわりとはっきりと感じられるのがちょっと残念です。

もっとも気に入らなければ使わなければいいし、疲れたときの補助機能としてならいいのかもしれませんね。

 

借りている間は「これはこれで悪くないなあ」と思っていましたが、CL7を引き取って運転していると

「やっぱこれがいいや」

となってしまいましたので、まだまだ乗り換えることなさそうです(笑)。

 

| | コメント (2)

« 2019年1月 | トップページ